脳ドック

brain dock

40代から始める脳ドック

40歳を過ぎるとくも膜下出血のリスクがあります

やまさき脳神経外科クリニックでは脳ドックを行っていて、40代からの定期的な受診をおすすめしています。

40歳を過ぎた頃からくも膜下出血で搬送される方があり、それを予防するためにはMRI検査、動脈瘤の有無を確認しておく必要があります。

特にくも膜下出血の家族歴がある方は要注意と言えますので、「若いから大丈夫」「何も症状はない」と安心せずに、若いうちから命に関わる病気のリスクを確認しておくようにしましょう。

また、高血圧や糖尿病といった成人病は脳卒中の危険因子であり、若い方でもこの様な病気を持っておられる方が脳卒中を発症される事はけっして少なくありません。

若年者でもこういった成人病を持っておられる方には検査をお勧めいたします。

脳ドックはこんな方におすすめです
  • 40歳以上の方
  • くも膜下出血などの脳卒中の家族歴がある方
  • 高血圧の方
  • 糖尿病の方
  • 肥満気味の方
  • 喫煙習慣がある方 など

脳ドック検査をご希望の方は、お気軽にやまさき脳神経外科クリニックへご連絡ください。

脳ドックで発見可能な病気
  • 隠れ脳梗塞(症状が現れていない脳梗塞)
  • 脳出血
  • 脳腫瘍
  • 脳動脈瘤
  • 脳や頚部の血管狭窄 など

脳ドックでは、このような異常の有無を確認します。

脳卒中はある日突然発症し、その時点で手遅れという場合もあり、完全回復は出来ない事が多い病気ですので、元気なうちに受けておく必要があります。

また、当院では「一般社団法人 運転従事者脳MRI健診支援機構」による脳検診にも協力しており、タクシーやバスなどの運転をされる方の脳検診も行っております。

詳しくは運転従事者脳MRI健診支援機構へお問い合わせください。

脳ドックのメニュー・コース

脳ドックで受けられる検査

やまさき脳神経外科クリニックの脳ドックでは、頭部MRI・MRA検査のほか、頚部MRA、認知機能検査、脳の萎縮度検査(VSRAD)、頸動脈超音波検査などの各種検査を受けていただけます。

検査によって、脳梗塞や脳出血の既往、脳や頚部血管の狭窄、脳動脈瘤など、今後の脳卒中発症の危険性があれば、積極的に治療を開始する必要があります。

脳卒中は発症すると完全回復はほぼありませんので、危険性を下げて予防する事がとても重要です。

脳ドックのコース
コース名 検査内容 料金
Aコース 頭部MRI・頭部MRA・頚部MRA 23,000円
Bコース(物忘れ) 頭部MRI・頭部MRA・頚部MRA
認知機能検査
脳の萎縮度検査(VSRAD)
25,000円
Cコース(動脈硬化) 頭部MRI・頭部MRA・頚部MRA
頸動脈超音波検査
28,000円
Dコース(物忘れ+動脈硬化) 頭部MRI・頭部MRA・頚部MRA
認知機能検査
脳の萎縮度検査(VSRAD)
頸動脈超音波検査
30,000円
082-841-0887 WEB予約