脳神経外科でのめまい外来

dizzy

重大な病気が原因でめまいが起こっていないか確認

めまい
やまさき脳神経外科クリニックでは、めまいを訴えてお越しになる患者様に対しては、まずは血管の狭窄や脳梗塞など、重大な病気が原因でめまいが起こっていないか確認いたします。

めまいの原因の中での脳の病気の可能性は高くはないのですが、脳梗塞などあった場合は症状が悪化して重篤化することがありますので、必ず脳の病気は除外しておく必要があります。

また、脳梗塞が無くても、血管の狭窄や閉塞がめまいの原因となっている事もありますので、MRI検査を中心に確認することが脳神経外科でのめまい外来の大切な役割となります。

めまいの種類

めまいは大きく3つに分けられます

めまいと一口に言っても症状は様々で、大きく次の3つに分けられます。

回転性めまい

「目がまわる」「天井がぐるぐる回る」などと表現される症状を起こすめまいで、多くの場合、耳の異常で起こりますが、脳梗塞や脳出血が原因で起こることもあります。

浮動性めまい

「体がふわふわと浮いているような感じ」「ゆらゆら揺れているような感じ」がするめまいで、血圧が上がったりした場合にも起こりますが、脳梗塞が原因で起こる事もあります。

立ちくらみのようなめまい

「目の前が真っ暗になる」「立ち上がるとくらっとする」などと表現される症状を起こすめまいで、いわゆる立ちくらみと言われるもので、不整脈や血圧変動などに関係する病気が原因と考えられます。

めまいの治療

脳の病気が原因でないかMRI検査で確認

めまいの原因を特定することは難しく、耳鼻咽喉科へ相談しても確定的な診断が受けられないこともあります。

当クリニックではまずMRIを中心に検査を行い、脳梗塞などの脳の病気が無い事を確認します。

重大な病気が見つかれば速やかに専門機関を紹介

MRI検査により脳梗塞などの重大な病気が見つかった場合は、速やかに専門機関をご紹介して、必要な検査・治療が受けられるように対応いたします。

検査によりそうした病気が除外されれば、内服薬や点滴などの薬物療法で症状緩和をはかります。

「ただのめまい」と思っていても、重篤な疾患が原因となっている場合がありますので、そのままにせずにお早めにやまさき脳神経外科クリニックのめまい外来へご相談ください。

頭痛外来

headache

脳神経外科での頭痛外来

「頭痛と思われていたものが…実は」という場合があります
医師
やまさき脳神経外科クリニックの頭痛外来では、頭痛を訴えてお越しになる患者様へは主としてMRI検査を行い、手遅れになったり、命に関わったりするような病気が隠れていないかを確認します。

頭痛を訴えて内科を受診し、痛み止めのお薬をもらって帰ったものの、痛みが治まらないので脳神経外科へ相談したところ「くも膜下出血が見つかった」というケースは時折経験します。

再出血した時には死亡する可能性がある病気ですから、背筋の凍るような話です。

脳神経外科の頭痛外来では、こうした脳の病気により頭痛が発生していないかを詳しく確認することが重要となります。

頭痛の種類

頭痛
頭痛は大きく“一次性頭痛”と“二次性頭痛”に分けられます。
一次性頭痛は明らかな原因がない慢性的な頭痛のことで、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛に分類されます。
二次頭痛は原因がはっきりしている頭痛のことで、くも膜下出血や脳出血などが隠れていることもあります。
一次性頭痛

片頭痛

典型的な片頭痛の場合には、頭痛の前に目がチカチカしたり、ギラギラしたものが見える(前駆症状)事があります。

頭部の片側が脈打つように痛む頭痛で、吐き気をともなう場合があります。痛みは数時間から3日程度まで続くことがあります。

緊張型頭痛

最も多いタイプの頭痛で、後頭部から首すじにかけて、重苦しい感じや、頭をベルトで締めつけられているような圧迫感が起こるのが緊張型頭痛です。

多くの場合は、寝込むほどの痛みではなく、嘔吐などを伴いませんが、ひどい痛みで嘔気・嘔吐を訴える方も居られます。

群発頭痛

最も激しい頭痛で、目の奥やこめかみなどに強い痛みが生じます。目の充血や鼻水、鼻づまり、涙などを伴います。

一定期間、ほぼ毎日同じ時間に痛みが起こり、それがある期間(1~2ヶ月など)に集中します。

二次性頭痛

二次性頭痛とは原因がはっきりしている頭痛のことで、この中にはくも膜下出血や脳出血などの命に関わる病気が隠れていることがあります。

次のような“いつもと違う頭痛”がある場合、重篤な疾患が原因の可能性がありますので、お早めに当院へご相談ください。

頭痛の治療

まずはMRI検査で二次性頭痛を除外
ESSENZA装置
頭痛外来では、まず専門機関での治療の必要性のある二次性頭痛の可能性を除外します。

一次性頭痛であった場合には、内服等で適切な治療を行って症状緩和をはかります。
重大な病気が見つかれば速やかに専門機関を紹介
やまさき先生
MRI検査によりくも膜下出血などの重大な病気の可能性があれば、速やかに専門機関をご紹介して、必要な検査・治療が受けられるように対応いたします。
“いつもと違う頭痛”がある場合、くも膜下出血や脳出血などの可能性がありますので、そのままにせずにお早めにやまさき脳神経外科クリニックの頭痛外来へご相談ください。

物忘れ外来

forgetfulness

物忘れ外来

加齢による物忘れと認知症による物忘れの違い
年齢を重ねるごとに、どなたもある程度は物忘れをしやすくなると言えますが、そうした加齢による物忘れと、認知症による物忘れは区別して考える必要があります。

加齢による物忘れは加齢によって起こる脳の機能の衰えと言え、認知症は脳の神経細胞で起こった障害・変性による知能障害と言えます。

また、もの忘れと認知症それぞれで起こる症状が異なります。
加齢による物忘れ
  • 物忘れの自覚がある
  • 体験の一部を忘れる
  • ヒントがあれば思い出すことが可能
  • 日常生活に大きな支障がない
  • 判断力の低下はない
認知症による物忘れ
  • 物忘れの自覚がない
  • 体験そのものを忘れる
  • ヒントがあっても思い出せない
  • 日常生活に支障を来たす
  • 判断力が低下する
認知症は“行為”を忘れる

ご高齢の方の中には「最近、物忘れがひどい」とおっしゃる方がいますが、これはほとんどの場合は認知症による物忘れではなく加齢による物忘れと言えます。

加齢による物忘れは“内容”を忘れますが、認知症は“行為”を忘れます。
例えば、サイフをどこかにしまった事(行為)は覚えているが、どこにしまったか(内容)覚えていないのが加齢による物忘れで、サイフをしまった事自体(行為)を忘れてしまっていると認知症の可能性があると言えます。

行為を覚えていれば、自分が忘れたという自覚がありますが、行為を覚えていなければ、忘れたという自覚がない為、危機感がありません。

認知症の種類

主な認知症は次の通りで、それぞれで現れる症状が異なります。

アルツハイマー型認知症

徐々に脳が委縮して認知機能が低下する病気で、記憶力や判断力の低下などがみられます。

レビー小体型認知症

認知機能や覚醒状態に変動が認められ、幻視・誤認やパーキンソン症状(手足の震え、小刻み歩行など)などを伴います。

前頭側頭型認知症

落ち着きがなくなったり、非道徳的な行動をとったり、逆に自発性や意欲が著名に低下する事もあります。

認知症の治療

認知症状を起こす疾患を除外
脳神経外科の物忘れ外来では、まずはMRI検査を中心に治療可能な認知症である、正常圧水頭症や慢性硬膜下血腫などが隠れていないか確認します。

検査の結果、外科的処置が必要な病気が見つかった場合には、必要な治療が受けられるように専門機関をご紹介いたします。

認知機能テストで認知症を確認

MRI検査により治療可能な認知症やほかの疾患を除外したうえで、客観的な検査として認知機能テストを実施します。

認知症と診断された方には、その方の症状やご家族のご要望などをよく確認したうえで、薬物療法などの適切な治療方針をご提案いたします。

また、ご家族の方にもご協力いただき、認知機能改善に向けてのリハビリにも取り組んでいます。

まわりのご家族の心のケアにも努めます

ご家族に認知症患者様がおられる場合、ご本人よりもまわりのご家族がいわゆる周辺症状でお困りのケースが多いです。

周辺症状に関しては、ご家族のみでの対応は非常に難しいことが多く。ご家族の負担を少しでも軽減するために、地域包括センターへ橋渡しをしたり、認知症患者様との接し方をアドバイスしたりするなどして、心のケアにも努めます。

認知症患者様のお悩みをご家族だけで抱え込もうとせずに、一度お気軽にやまさき脳神経外科クリニックへご相談ください。

ケア
周辺症状とは
・介護への抵抗
・俳諧
・暴言、暴力
・不潔行為
・せん妄
・妄想、幻覚
などです。
082-841-0887 WEB予約